月: 2010年8月

ビオレ うるおい弱酸水

ビオレ うるおい弱酸水
ビオレ 弱酸水

この化粧水は、「浸透する化粧水」。

お肌の上ではじかれずに、きちんと角層まで浸透。さらに、角層でセラミドの働きを補うので、やわらかくうるおいのある肌にしてくれるそうです。

化粧水は浸透しなければ意味がないそうで、(あたりまえ?)浸透する化粧水がほしいなぁなんて、思っていたら、このビオレのうるおい弱酸水を発見!

使ってみると、本当にそんな感じの使い心地。
まず、ちょっといつだったか思い出せないような、若い頃の柔らかい肌に。
年齢的にこれだけだとちょっと怪しいので、この化粧水の後にいつもどおり、化粧水、保湿ジェル・・・などを使っています。

ですが、コレを使うのと使わないのとでは大違い。
ファンデのノリもよいです。さらに、毛穴が目立たなくなった?!

このお値段で(600円くらい?)この満足感。
プチプラコスメもあなどれません。

ちふれの美容液

ちふれ 美容液
ちふれ 美容液

これもプチプライスの代表的な化粧品です。

髪の毛が傷んでいて、何かよいものはないかなぁと探しているときに、顔につけるような美容液を髪につけてもいい感じですよ!という口コミをみつけて、美容液で安いといえばちふれのかなっ?と思って購入。

容器入りのが600円、次回から中身だけ買うと500円で買えます。

この美容液には、普通のタイプのとノンアルコールタイプのがあります。

最初、ノンアルコールタイプを買って見ました。。なんとなく。。なんですが。

で、使い切って中身だけ買うときに、何を思ったか、確認したにもかかわらずノンアルコールじゃないほうを買ってしまったんですよね。

でも、両方使ってみてその使用感の違いが分かりました。
ノンアルコールの方は、とろみが強く、お肌の上でネバネバ・・がちょっと続くのですが、アルコール入りのほうは、サッパリしていて、浸透も早いような感じ。
なので、ササッと済ませたい人、それから夏は、アルコール入りの方が使い心地がよいかも。

とろみがあるので、鎖骨付近や首筋から、顔全体をマッサージするのに重宝しています。
それから、もちろん髪にも。
値段的には、乾燥を感じる部分、カラダにもたっぷり使えるので便利です。

ヒアルロン酸原液(太陽のアロエ社)

ヒアルロン酸原液
ヒアルロン酸原液

太陽のアロエ社のヒアルロン酸原液は、コスメの口コミサイトなどで受賞したこともあるとか。

サイズは、10mlで500円。

これは、もちろんそのまま使ってもいいんだけど、手持ちのコスメ、化粧水や乳液、シャンプーやトリートメントなどに入れて使うと、お手軽にヒアルロン酸がプラスできるという化粧品。

アイディア次第で、どのようにでも使えるっていいですね。

私は美顔器でヒアルロン酸を導入しようと思ったんだけど、ヒアルロン酸は、分子だかなんだかしらないけど、大きすぎて、導入できないんだって。

なので、わりとそのまま使っています。

粘り気のある液体なので、手のひらにとって、マッサージ。
これをメイク前にすると、ファンデーションのノリがいいですよ♪